篆刻専門店 かまくら篆助(てんすけ) 北鎌倉の篆刻専門店。篆刻家雨人の手彫り遊印,雅印通販サイト

篆刻家,雨人年表

篆刻家、雨人の年表

​ 
 

 

1975年 

横浜生まれ。幼いころより日本画講師であった祖母、書道教室師範の母の影響で筆に親しむ。

 

1993年(18才)

淡海書道専門学校で書を学び、篆刻と出会う。

 

1995年(20才)

中華街で働きながら日中学院で中国語を学び始める。書道塾、開塾。

 

1997年(22才)

渡中。北京、首都師範大学、高恵敏(阿敏)老師に師事し、本格的に篆刻を学び始める。

 

1998年(23才)

帰国。日本橋書画材料の老舗、有便堂社員となる。豊岡歩斎に師事をする。

 

1999年(24才)

イスラエル女性と結婚  以後2児に恵まれる。

 

2000年(25才)

制作活動に専念するため、有便堂退社。

 

2001年(26才)

イスラエルへ。ヘブライ語、ヘブライ文字書道などを学ぶ。

 

2003年(28才) 

帰国。HP「雨人的篆刻」立ち上げ。

 

2004年(29才)

アートマーケット、デパートなどで実演販売を始める。30秒で印を彫り上げる技を完成させる。

横浜赤レンガ、目黒雅叙園、都筑阪急、三省堂書店(神保町本店・大宮・成城学園・経堂他)ラゾーナ川崎、上野松坂屋、デザインフェスタ、藤沢小田急、丸井(溝口・海老名・国分寺)、伊勢丹(立川・松戸)、西武池袋本店 神保町いちのいち 他多数

2006年(31才) 

鴻巣市 フラワーラジオ 長谷政信のアクティブホリデー サブパーソナリティ。以後、2011年まで

 
2009年(34才)

益満丁庵、希夷斎、雨人で丁亥印社を立ち上げる。
(その後空中分解し、現在雨人が丁亥印社代表に就任)

 
2010年(36才)

師匠、豊岡歩斎永眠。

 
2011年(37才)

扶桑印社、言うことを聞かずに破門!益満丁庵に師事する。漢文を本格的に学び始める。

 
2011年(37才) 

北鎌倉に「かまくら篆助」 店舗を開く。

埼玉県鴻巣市フラワーラジオ「雨人の話す時間」 
メインパーソナリティ。 冠番組スタート!

 
2013年(39才)

益満丁庵主宰、書法文化研究会立ち上げ。会員第一号となる。

 
2016年(41才)

メール、電話などに出られなくなり、1年間引きこもる(笑)
雨人は死んだと噂される

  
2017年(42才)

1年間ひたすら瞑想をする

株式会社篆助設立 代表取締役に就任
やっと目覚める(笑)

 
2018年(43才)

鎌倉FM 「かまくら篆助のきたかま歳時記」スタート
収録、編集、構成、パーソナリティ、ナレーションすべて雨人が担当する

 
 
つづく。。。

 
 
 

20XX年

日本一の篆刻家となる(笑)